裁判所から支払督促状 一括返済

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

裁判所から督促状が!

裁判所 借金をたびたび延滞したり、業者からの電話に出なかったりしてると、ある日自宅に裁判所から督促状が送らてきます。

「延滞ばかりしやがって、こうなったらもう残金を一括で返済しろコラ!」みたいな内容であることが一般的。

業者が直接送り付けてくる催促の手紙は普通郵便だけど、裁判所経由で来る支払督促は本人手渡しの特別送達。そしてこの裁判所からの支払督促は絶対無視したらダメ!

法的に拘束力のある書類なので必ず対応しましょう。無視してると貯金や給料を強制的に差し押さえられてしまいますよ。

支払督促を送る業者側の思惑

お金がないから延滞してるのに「一括返済しろ」なんて言われても無理に決まってますよね。

実は業者側も貸したお金を一括で返済してもらうために支払督促状を送って来てるワケじゃありません。いつまでもチンタラお金を返さない人への警告が最大の狙い。裁判所から呼び出しが来たとなると慌てる人が多いですからね。

裁判所から送られてきた訴状 ずっとノラリクラリ延滞を繰り返してたような人でも、裁判所から督促状が来たとなると慌てて業者に連絡してきたりします。一括返済は無理にしても相手はビビってるから業者の言うとおりの返済計画で決着しやすいんですね

業者にとって裁判所を通しての督促状というのは、たいして手間がかからず債務を効率よく回収出来る手段というワケです。

でも支払督促状による脅しが効かない人というのも一定の割合でいます。この場合訴訟という事態に発展するため、実際に裁判所で決着をつけることに。当然時間も手間もかかるから業者としては出来れば避けたいところ。

お金を借りてるコチラ側も面倒は一緒・・・ではないんですね。弁護士にお願いすれば手間が大幅に減るからむしろ望むところ。裁判が長引いても業者側は疲れるだけで得るものなどありません。だから訴訟までいくと業者は不利な条件で折れやすいです。借金の減額交渉をするなら断然ここです。

訴訟で借金の減額を華麗に勝ち取る

裁判所から支払督促状が届い場合、破産王子ならこうするという例を載せておきます。

督促状が来たタイミングで自己破産に踏み切る人も多いけど、任意整理で乗りきるなら以下の流れを参考に減額交渉してみてください。ただし優秀な弁護士は必須です。

1.異議申し立て書を返送する
裁判に備え弁護士に相談 ノラリクラリと滞納を繰り返していたらある日「一括返済しろコラ!」という支払督促が自宅に届いちゃった。

封筒には異議申し立て書も同封されてる。2週間以内なら異議を受け付けますよという書類です。返済王子はそれに「意義を申し立てます」と書いて返送。これでしばらく時間稼ぎが出来ます。

やがて訴状が送られてくるので、今のうちに弁護士さんを探しておくことに。
2.次は答弁書の返送
金策に走り回る 異議を申し立てたので、次に業者は訴状を送りつけてきました。決着は法廷でということに。

訴状と一緒に答弁書も同封さています。異議申立書と違って答弁書はある程度しっかり書いたほうがいいです。弁護士にアドバイスをもらいながらこちらの言い分を記入。

これでまた時間稼ぎが出来るから、裁判に備えて少しお金の工面に走ります。
3.裁判所で業者と対決
裁判所 出廷期日に弁護士さんと裁判所へ。

裁判なんて初めてで勝手が全然わからないけど、弁護士さんが同席してくれてるからほとんどお任せで問題なし。法廷での裁判は最初のほんの数分だけ。形だけという感じ。その後は別室で裁判所の人が立会いのもと業者側と直接話し合いで解決することに。

ここでも弁護士さんが代理で交渉してくれて、利息や遅延損害金の免除を勝ち取ってくれました。更には工面してきたお金があることを伝え、ある程度まとまった金額を返済することを条件に、残金の棒引きにも応じてもらえました。

素直に払うか裁判で戦うか

裁判所から支払督促状や訴状が送られてきたら、道は2つだけ。


結局このどちらかしかありません。督促状を無視して済ませようとすると、冒頭でも説明したとおり「今スグ一括で返済しろ」という業者側の言い分が自動的に認められ、強制的な差し押さえが行われてしまいます。

業者にすぐ電話してごめんなさいするのがある意味一番楽ではあります。面倒が少ないというか。

でも今後の返済という面ではこれが一番キツイ。目先の楽さを取ると後々大変です。

訴訟を受けて立つ場合はあれこれ手間はかかるのがデメリット。でも借金の大幅な減額なんかも期待出来るから、破産王子ならコチラを選択します。

異議申し立てを行なったり裁判所に出廷したりと、いろいろと貴重な人生経験も出来ます。





関連記事

裁判所から督促状が来たら


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ