過払い金 請求

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

過払い金があるなら請求して取り戻したい

払い過ぎたお金が戻って来た 過払い金があり、それで借金が減るなら絶対請求したいですよね。

まず自分に過払い金があるか調べてみましょう。貸金業法改正以前の2010年までに借りたお金は、過払いになってる可能性が高いです

だたし過払い金の請求には10年という時効が存在するから、もし取り戻すつもりなら早めに行動しないと。

自力でも返金の請求は出来るけど、弁護士さんに依頼すると全部やってくれるから楽です。

自分の過払いを調べる

ますは取引履歴を入手しましょう。お金を借りた金融会社に取引履歴を送ってもらうのです。ネットで無料で入手出来る開示請求書のテンプレートに必要事項を記入して、免許証のコピーなど自分を証明する書類と一緒に送りつけます。

10日ほど待ってると取引履歴が送られて来ますよ。遅い業者だと1ヶ月ほどかかる場合もあるけど。

過払い金が発生してる可能性のある貸金業者すべてに請求書を送ります。

過払い金がいくらあるか計算する

取引履歴を元に過払い金が合計でいくらあるのかを計算します。

昔はグレーゾーン金利と言われる出資法の上限29.2%でお金を貸してる業者が多かったです。これをちゃんとした利息制限法の金利で計算し直して差額を割り出しましょう。借入金額によって上限金利が違うため、少しややこしいので注意してください。

10万円未満 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 15%

過払い請求でお金を取り戻す

払い過ぎた金額を割り出したらそれを金融会社へ請求。

ただし相手がすんなり支払うとはかぎりません。返還に応じない業者とは裁判で争うことに。わざわざ裁判所へ出廷して口頭弁論とかあれやこれやで結構大変。返還される金額が少ないようなら請求を諦めるのもひとつの手です。

金融会社の狙いはそこなのですが。

弁護士に過払い請求をお願いするときの費用

やれ開示請求だ引直し計算書だ、過払い請求って意外と面倒。だから弁護士や司法書士にお願いする人が多いです。過払い金の計算から返還の交渉まで全部やってもらえますからね。

気になる費用ですが、基本料金と成功報酬の2種類を払う必要があると覚えておくといいです。

基本料金は1社あたり2万円が相場。

成功報酬は返還される金額の15%~30%ぐらいが相場。例えば過払い金として50万円の返還に成功したら、75,000円~150,000円ぐらいは成功報酬として支払うことになります。

司法書士の方が費用が安く済むため、過払い請求は司法書士にお願いする人が多いです。どの司法書士にお願いすればいいかわからない人はオススメの弁護士・司法書士紹介ページを参考に。



▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ