副業 借金返済

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

借金返済のための副業ガイド!会社バレ対策もあり

借金返済で困ってるとき一番確実な手段は副業で収入を増やすこと。破産王子も在宅ワークや治験などあれこれやりました。

このページではどんな副業が人気かを紹介していきます。

そして副業につきものと言えば会社にバレないかという問題。これについても最後解説します。

人気のある副業

レギュラーバイト
コンビニで会社帰りにアルバイト 仕事帰りに2時間~3時間バイトするだけで月5万円ぐらいは稼げます。夜間のバイトになるので王道はやはりコンビニ・居酒屋・牛丼屋といった飲食店。

レギュラーバイトのいい所は安定感があり、安定した収入が見込めること。

最近はスマホでバイトを探すのが一般的。マイナビバイトとかに登録して、近所でいいバイトがないかさっそく調べてみましょう。
日払いバイト
建設現場などの似払いのアルバイト その日に給料がもらえるが嬉しい単発のバイト。破産王子も借金で生活費が底をついたときはお世話になりました。

建設現場の作業員などが王道だけど、やはり体力的にかなりキツイ。天候にも左右されるし、夜間作業員のバイトも意外と少ないし。

引っ越し作業なども同じで昼間バイト出来る人向き。

日払いバイトは会社帰りというより休日に副業したいと考えている人向きです。
キャバ嬢や風俗嬢
キャバクラや風俗店でアルバイトして借金返済 借金返済で困ってる女性の副業と言えば、今も昔もお水と風俗嬢。ギャラは抜群にいいし、出勤時間もかなり自由が効く。それでいて日払い。

キャバクラなどで働く娘は社交的でコミュニケーション能力のある娘が多いです。風俗で働いてる女の子はトークが苦手な娘が多い印象。
治験モニター
治験モニターで少しでも借金を楽にしたい 言わずと知れた新薬の実験台だね。

4泊5日で20万円もらえるものとかあったりしてかなり高額。しかも治験は基本的に労働にはあたらないので非課税!

夢のような副業といえる治験モニターだけど、募集数がとても少ないです。参加条件がいろいろ設けられていたりして、参加出来るものがなかなか見つけられないし。破産王子も登録していた期間で2回しか参加出来なかったです。

勤め先にも5日間ほどお休みをもらうことになり、かなり怪しまれるし。

でもやっぱり魅力ですよね。

治験は安全な協会加盟の募集会社で≪治験情報V-NET≫

在宅ワーク
在宅ワークで人気があるネット副業 在宅ワークと聞くと昔ながらの造花作りなどを想像してしまうけど、今時の在宅ワークはネットでの記事書きなんかが主流。自分の空いた時間に自分のペースで取り組めるからモロ副業向き。小さいお子さんがいるママさんなんかにも人気があります。

難点は報酬が一般のアルバイトと比較すると安いこと。1時間頑張っても500円ぐらいにしかならないのが普通。

クラウドワークスなどに登録してみると、難しそうな仕事から誰でも出来そうな簡単なものまで多種多様な募集が並んでいます。

例えば簡単そうな仕事では「使ってるスマホの不満点を500文字以上で書いて下さい」みたいな感じ。これで報酬は100円とか。難しい仕事にチャレンジするよりも、こうした報酬は低いけど単純な記事書きをたくさんこなした方が初心者は稼ぎやすいです。

副業は会社にバレる

就業規則で副業が禁止されていたり、会社にバレるのが嫌な場合は、次のような対策を。

バイトにしろ在宅ワークにしろ副業はほぼ会社にバレてしまいます。住民税の支払いを会社が代行してるから。そのため副業してると住民税の計算が合わなくなってきて「さてはコイツ副業でもしてやがるな」とバレてしまうんですね。

これを未然に防ぐ方法はただひとつ。住民税の支払いを自分で行うこと。そのためには確定申告を行い、「副業分の住民税だけは自分で支払います」と伝える必要があります。

会社にバレずに副業 確定申告書に住民税の支払い方法を選択する欄があるから、そこで「自分で支払う」という方を選択すればいいです。これで会社にバレる可能性がかなり減ります。

どうしても会社にバレたくないという人は、更に役所へ直接相談しておいた方がいいです。まあこれも役所によって対応は様々ですが。副業バレは基本的に100%防げるものではないことを覚えておいてください。

公務員など就業規則で明確に副業が禁止されてる場合は、在宅ワークが一番安全です。自分の名義で登録するのではなく、奥さんとか家族の名義でアカウントを作るのです。これなら自分が作業して稼いでいてもバレっこない。

会社にバレず華麗に副業で稼ぐにはこれが一番!





関連記事

借金返済の方法


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ