債務整理とは 借金救済制度

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

債務整理とは借金返済できない人への法的救済制度

債務整理とは借金を返せない人を守るセーフティーネット。法的な措置で借金を棒引きしてあげたり帳消しにしたりして、人生が詰んでしまうのを防ぎます。

こういうものがないと、借金返済出来ない人は全員首を吊らないといけなくなってしまいますからね。

3種類の債務整理法

債務整理で借金を軽くする方法は3つあります。自分の状況によって最適なものが違ってきます。

自己破産
借金を全額チャラにしてもらえる。多額の借金でもう返済が不可能だと判断される人向き。

自己破産の解説ページへ
個人再生
借金を1/5などに大幅に棒引きしてもらえる。多額の借金で返済はかなり苦しいけど、まだある程度返済能力がある人向き。持ち家の差し押さえを免除してもらえることも可能で、家を手放したくない人にも広く利用されてる。

個人再生の解説ページへ
任意整理
利息をカットしてもらえる。借金の程度が軽い人向き。

任意整理の解説ページへ

当サイトのトップページではこの3つの比較表も掲載してるので、そちらも参考にしてください。

トップページへ⇒ 破産王子の華麗なる借金返済講座

債務整理のやり方

六法全書なんて理解できから弁護士を頼ろう 決められた書類を用意して申請すると、借金の免責が適当かどうかを裁判所が判断してくれます。手続きは非常にややこしいので弁護士さんにお願いするのが一般的。

3つある債務整理の中でも任意整理だけは裁判所を通さない示談交渉で、貸金業者へ直接減額をお願いします。こちらも弁護士にお願いするのが普通。

まずは無料相談などを利用して自分にどの債務整理が合っているか弁護士に聞いてみましょう。どれぐらい借金が減額されるかなども教えてくれます。

債務整理を躊躇しない

借金を苦に富士の樹海で首吊り自殺 債務整理という救済制度があるにも関わらず、借金を苦に自殺したり夜逃げしたりする人が今でも存在します。正しい知識がないばかりに起きてしまう悲劇。

ちゃんとした弁護士さんにお願いして自己破産すれば、本当に借金は全額帳消しになります。執拗な取り立てからは開放されます。

もしこういう救済制度がないと臓器を売って借金返済とか、娘を風俗で働かせて借金返済とか、あるいはマグロ漁船だとか。そうした非人道的なことが起きてしまいます。だから法的な救済制度が用意されているんですね。

これにより貸金業者は損害を被ってしまうけど、貸し倒れは貸金業に付きもの。返済出来ない人が一定の割合で出てくるのは業者としても計算の内なのです。だから金利などもこの貸し倒れ分を考慮して決められています。

銀行の貸付金利が15%などに対し消費者金融が18%ぐらいなのは、審査を甘めにしてるせいで自己破産など貸し倒れが発生する可能性が高いから。あらかじめ損害分が上乗せされてるってワケです。

債務整理をする人なんて毎年何万人もいます。貸金業者にとっても「あ、またか」ぐらいのもの。借金返済できず本当に苦しんでるなら、躊躇せず債務整理を検討しましょう。





関連記事

債務整理の基礎知識


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ