自己破産したら デメリットとその後の生活

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

自己破産したら・・・デメリットとその後の生活

借金から開放される 自己破産の申し立てをして裁判所に返済不可能と認められたら、今ある借金は全額帳消しに。だから借金返済で苦しんでる人は一度は自己破産を考えます。

でもそのとき不安になるのがやっぱり自己破産後の生活ですよね。自己破産したらどのようなデメリットがあるのかを破産王子の経験も交えてわかやすく解説していきます。

自己破産のデメリット

自己破産の免責がおりると借金を返さなくてよくなります。でも当然デメリットも存在します。

自己破産のデメリット

ブラックリストに載る

信用情報機関に事故情報が記載され、いわゆる金融ブラックという状態に。7年~10年ぐらいはローンやクレジットカードの審査にほぼ通らなくなります。

財産を手放すことになる

原則20万円以上の財産は全部換金して借金の返済へ当てることに。持ち家や車の他にも、20万円以上の解約返戻金が見込める生命保険や株券も失います。現金も99万円までしか残せず、それ以上のものは差し押さえられます。

連帯保証人に支払義務が移る

自己破産で借金が帳消しと言っても、自分が法的な支払い義務を免責されるだけ。だからもし連帯保証人がいたら借金の返済義務はその人に移ります。そうなると保証人に迷惑が掛かるし、自分の信用を失うことになってしまいます。
保証人についての微妙な問題は関連ページも参考に。

自己破産など債務整理すると連帯保証人はどうなる?

自己破産後の生活

上で紹介した自己破産のデメリットを踏まえて、じゃあ自己破産したら具体的にその後どんな生活が待ってるかを見ていきましょう。生活にどのような影響が出るのかを、もっとリアルにイメージ出来るはずです。

賃貸マンションへ引っ越し
自己破産後は賃貸アパートでの生活 マイホームは手放すことになるから自己破産後は賃貸マンションへ引っ越さないといけません。

でも自己破産後すぐというワケじゃありません。家は競売に掛けられるか自分で売却するかして、買い手がつくまではそのまま住んでいられます。この間に引っ越し先を見つけておきましょう。

自己破産すると賃貸の保証会社が利用出来ないケースがほとんど。そのため保証人のいらない公営住宅に引っ越す人が多いです。

持ち家ではなく、元から賃貸に住んでいた場合は、そのまま今の賃貸マンションに住み続けることが出来ます。もちろん家賃をちゃんと払えればだけど。
車は残せる可能性もある
愛車のフェラーリを自己破産で失うことに 資産価値が20万円以下と推定される車は手放さなくてもいいです。

ただしこれはローンを完済してる車に限ります。ローン支払い中の車だと所有権がローン会社になってるから、自己破産するとローン支払不能ということで車の引き上げを行使されてしまいます。

仕事や就職活動への影響はほぼない
会社にバレずに自己破産 現在仕事に就いている場合、勤め先に自己破産のことがバレる可能性はほぼありません。公務員とかでもまずバレません。万が一バレたとしても自己破産を理由に懲戒解雇というのは原則的に出来ないことになっています。

無職なら仕事を探すことになるけど、自己破産の事実が企業側にバレることはまずないから安心してください。面接に来た応募者が自己破産者じゃないかとかまず疑わないし、それをいちいち信用情報機関で照合する企業なんてありませんからね。

なかなか就職先が見つからないなら生活保護を受けることも検討しましょう。間違っても闇金なんかで生活費を借りたらダメですよ。

ローンが組めずに困るケース
自己破産でスマホを分割払いで購入出来なくなる ローンの審査にはまず通らなくなるからいくつか不便な点が出てきます。

一番困るのはスマホを分割で購入出来ないことでしょう。現金一括で買うしかないです。ボロい安物機種とか中古で安く買える機種で我慢。

ローンが組めないから車もせいぜい中古の軽自動車なんかを現金一括で購入するぐらい。仕事や通勤で使うワケじゃないならレンタカーで済ませるのもアリでしょう。
クレジットカードはVISAデビットで代用
自己破産するとクレジットカードを持てないからVISAデビットを クレジットカードは全部解約になり、当然新規で作ることも難しくなります。

なんだかかなり不便に思えるけど、でも実はVISAデビットなら問題なく作れます。これがネット通販などでもクレジットカードと同じように使えて充分代わりになります。破産王子もVISAデビットを使い倒したけど、ほとんど不便は感じなかったです。

自己破産した人でも新規で銀行の口座を開設することは出来るから、VISAデビットも一緒に発行してくれる銀行で口座を作っちゃおう。

三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・楽天銀行など、VISAデビットを発行してる銀行はたくさんあります。

VISAデビットの唯一の欠点はETCで使えないこと。そのため債務整理した人たちはETCパーソナルカードで代用することが多いです。

債務整理でブラックになったらETCパーソナルカード
家族や子供への影響
自己破産による家族への影響はあまりない その借金の連帯保証人になっていないなら、家族の車や預貯金が差し押さえされることはありません。借金を肩代わりする義務もないし、取り立てられることもないんです。

家族がローンを組んだりクレジットカードを作るとき、自分の自己破産のせいで審査に落ちやすくなる傾向は多少ある感じ。表向きはないとされてるけど、実際は微妙に影響してそう。信販会社などによっても違うのでケースバイケースとしか言えません。

子供の進学や就職への影響はほぼないと考えていいでしょう。自己破産の事実はまずバレないですから。奨学金制度だって親が自己破産していても利用可能です。

子供が車を買うとき、ローンの保証人になれないのはツライけど。これもブラック期間のあいだだけ。その後は普通に保証人になってあげられます。

自己破産による生活への影響はこのような感じ。

別に選挙権が剥奪されるワケでもないし、戸籍や住民票に自己破産の事実が記載されるワケでもないし。

差し押さえられる家財道具も売却価値で20万円以上する高価なものだけ。テレビや冷蔵庫などはほとんどそのまま所有が可能。

年金だって将来ちゃんと受け取れます。自己破産していても将来受け取る額は変わりません。

ブラック期間(7年~10年)が過ぎたらローンも組めるようになるし、クレジットカードも持てるようになります。

借金で人生をダメにしないために

これまで見てきたように自己破産してもそこまで大きなデメリットはありません。借金を返せずに夜逃げしたり闇金に手を出す方がよっぽど問題です。

列記したような細かいデメリットを気にし過ぎても仕方がないです。借金をリセットして人生をやり直すための代償と考えましょう。

自己破産しても周りにバレることはまずないから、意外とたくさんの人がやっていたりします。まずは自分が本当に返済不能と裁判所に認められるかどうかを、弁護士に相談してみましょう。





関連記事

自己破産に必要な知識
管財事件についての知識


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ