債務整理 デメリット

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

これだけは知っておこう債務整理のデメリット

避けられないデメリット


起こるかもしれないデメリット

債務整理は借金返済できない人に用意された法的な救済制度だけど、当然デメリットもあります。

それぞれのデメリットの内容をもう少し詳しく見ていきましょう。

避けられないデメリットの解説

ブラックリストに載る

債務整理をしたあと5年~10年ぐらいはローン審査に通らなくなります。ブラックリストに載ってしまうから。ブラック期間が終われば普通にローンが組めるようになります。債務整理の中でも任意整理だけは期間が短めで、5年ほどでブラックが消えます。

クレジットカードの審査もブラック期間は基本的に通らなくなります。今持ってるカードも全部失います。でも任意整理の場合だけはバレずにこっそりカードを残すことも一応可能。


官報に載る

債務整理した人を公表する官報というものが存在します。これは誰でも閲覧が可能。だから知人とかに見られてしまったら債務整理のことがバレてしまう可能性も。

でも普通の人は官報なんて知らないし、見るのはせいぜい金融関係者とかだけなので、ほとんどは心配いりません。

官報に載るのは自己破産や個人再生だけ。任意整理は官報には載りません。


弁護士費用がかかる

自分で債務整理出来ればいいけど、法的な知識が必要になってくるので、ほとんどの人は弁護士にお願いするのが現状。だから当然費用がかかってしまいます。

任意整理の費用はだいたい15万円前後。個人再生や自己破産は50万円ほど。


就けない職業が出てくる

任意整理や個人再生では関係ない話なのですが、自己破産だけは一時的に就けない職業が出てきます。


これらが職業制限の対象に。主に客の財産にかかわる職業が対象になってる感じです。

制限期間は破産宣告が行われてから免責が許可されるまでの6ヶ月ぐらいの期間。制限対象の職業に就いてる場合は当然勤め先に連絡が行き、解雇や部署異動などの処分を受けてしまいます。

だから制限対象の職業に就いてる人が弁護士に相談に行くと、自己破産じゃなくて個人再生を勧められることが多いです。

起こるかもしれないデメリットの解説

失敗に終わる場合も

自己破産にしろ個人再生にしろ裁判所の認可が必要。優秀な弁護士がついていたらほぼ免責は降りるけど、未熟な弁護士などにお願いしてしまうと、認可が降りない場合もあります。

金融業者との直接交渉になる任意整理の場合も、雇う弁護士によって減額効果に開きが出てきます。


あまり効果がない場合も

せっかく債務整理したのにあまり減額効果がないことも。原因は債務整理についての自分自身の知識不足。どれぐらいの借金の棒引き効果が期待できるかをまず正確に割り出しましょう。

とくに個人再生では期待はずれに終わる人が多いです。

参考ページ:個人再生を甘く見るな!その意外なデメリット

素人考えで判断してしまうのではなく、無料相談などを利用して弁護士さんにちゃんとした減額予測を出してもらいましょう。


家族にバレる場合も

債務整理をするとブラックリストに載るのでローンが5年~10年組めなくなります。クレジットカードも解約に。だから奥さんにバレてしまう可能性が高いです。

勤め先や友達なんかにバレる可能性はほぼありません。

この問題は「債務整理が家族や会社にバレる原因!内緒にするコツ」でも詳しく取り上げているので、内緒で債務整理したい人はそちらも読んでみてください。


デメリットは一時的なもの

破産王子の顔 誤解してる人も多いけど、債務整理のデメリットは一時的なものです。一生涯ずっと影響が続くというのは明らかな間違い。

戸籍に債務整理のことが記載され永久に残ると勘違いしてる人もいるみたいですが、そんなことはないから安心してください。債務整理しても将来もらえる年金額などに影響は一切ありません。





関連記事

債務整理のデメリットをもっと知る
債務整理でよくある疑問


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ