債務整理 費用

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

債務整理にかかる弁護士費用の平均相場はこんな感じ

自己破産 個人再生 任意整理
60万円 50万円 15万円

だいたい上の表ぐらいが平均的な相場。債務整理を弁護士や司法書士にお願いしたら費用はこれぐらい掛かります。

お金に困ってるから債務整理するワケで、弁護士費用なんてとても払えないという人もいるかもしれません。でも分割払いや後払いがOKの弁護士さんもたくさんいるから大丈夫。

とくに債務整理を得意とする法律事務所の場合は、お客さんにお金がないことは十分承知してます。だから費用の支払いに関していろいろと融通を利かせてくれます。

自己破産の費用は弁護士代+予納金

自己破産では弁護士費用が40万円ほど。しかしこれ以外に予納金というものが必要になります。

予納金の金額は破産の状況によって違ってきます。

予納金の3パターン

財産など持たない人なら同時廃止という方法で自己破産が行われ、予納金も2万円と安く済みます。

差し押さえられるような金品がある場合は、一度財産状況を調査する必要があるため管財事件になり、その費用がかかります。通常は20万円パターンになるけど、特殊な事案の場合は50万円パターンが適用されることもあります。

同時廃止で済むか管財事件になってしまうかで費用がかなり違ってくるから、自己破産するときは自分がどちらになりそうかをまず弁護士の無料相談などで確認しておきましょう。

参考記事:自己破産は2つある!管財事件と同時廃止の違い

個人再生

個人再生ってプチ自己破産みたいなイメージだけど、費用は両者ともあまり違いません。

個人再生では貸金業者との交渉とか住宅ローン特別条項の手続きとか、結構手間がかかります。その分だけ弁護士費用も高くなってしまうんですね。

弁護士ではなく司法書士にお願いするとちょっとだけ安く済ませることも可能。でも思うほど安くはなりません。その割には司法書士は代理権が弱いため、出来ることが限られています。

参考記事:弁護士と司法書士どっちがいい?違いは?

司法書士に個人再生をお願いすると、自力でやらないといけないことが増えていろいろと面倒。裁判でも自分ひとりで審尋を受けることに。弁護士にお願いするときみたいに全部お任せというワケにはいかなくなります。

任意整理は司法書士にお願いして費用を安く

任意整理では交渉する業者の数で料金が決まります。1社あたり4万円ぐらいが平均的な相場と言われています。

例えば4社からお金を借りていて、その4社とも任意整理するつもりなら、

4万円×4社=16万円

司法書士にお願いするともう少し料金を安く抑えられます。1社あたり3万円ぐらいが相場。任意整理の場合は司法書士も弁護士も代理権はほぼ一緒。だから司法書士にお願いしても全然問題ないしお得です。





関連記事

債務整理は誰にお願いすればいい?
債務整理でよくある疑問


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ