自己破産 債務整理 連帯保証人

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

自己破産など債務整理すると連帯保証人はどうなる?

借金返済の義務は連帯保証人へ移行 連帯保証人がいるローンなどを債務整理すると、保証人に支払い義務が移ります

自己破産などして自分は借金地獄から開放されても、それは自分が返済義務から開放されただけ。貸金業者には依然として借金の請求権が残っており、連帯保証人がいるなら当然そちらに返済を迫ることに。

債務整理したい。でも連帯保証人に迷惑をかけたくない。そう考えるのが普通ですが、それはかなり難しいです。

迷惑を最小限に押さえる方法を考えてみましょう。

連帯保証人に迷惑かけない方法は任意整理だけ

親しい友人に連帯保証人をお願いしていたりして絶対迷惑をかけたくないなら、業者を絞った任意整理しか道はありません。どの貸金業者を任意整理するか選択するとき、連帯保証人が付いてるローンだけは任意整理しないようにするのです。

これで連帯保証人には100%一切影響が出ません。そしてこれが保証人に迷惑をかけない唯一の方法でもあります。

これ以外の方法での債務整理ではどうしても連帯保証人へ影響が出てしまいます。

連帯保証人も一緒に債務整理してもらう

連帯保証人も一緒に債務整理 個人再生とか自己破産では連帯保証人に支払い義務が移り、自分の代わりに保証人が多額の借金を抱え込むはめに。

このままでは保証人の生活が破綻しかねない状況ですよね。

そこでよくとられる防衛手段が、保証人自身にも自己破産などしてもらう方法。こうすることで保証人自身も返済の義務が免除され、借金から逃れられます。

しかし自己破産するのだから当然保証人もブラックリストに載るなど債務整理のデメリットを被ります。この事実をきちんと保証人に説明して、充分納得してもらってから債務整理してもらうようにしましょう。

ただでさえ恨まれているのに、更に説明不足で「話が違うじゃないか」となると二重で信用を失います。

そうならないためにはまず自分が正しい債務整理の知識を身につけること。そしてそれを隠さず正直に保証人にも伝えること。生じるデメリットなど隠して保証人に債務整理させると、後で大きなトラブルになりかねません。

連帯保証人が債務整理を拒む場合は

連帯保証人も一緒に債務整理してくれたら話は早いけど、デメリットなどを考え、債務整理を拒むケースも当然出てきます。

この場合自分だけ債務整理して、借金返済は保証人に押し付けることに。かなり迷惑な話だけど、出来ることがいくつかあるので、せめてこの出来ることだけでもやっておきましょう。

まずやらないといけないことは一括での返済請求の回避

連帯保証人が代わりに借金返済するとは言っても、今までどおり「月々5万円ずつ3年払いで」みたいには行きません。なぜなら自分が債務整理してしまったので、契約が無効になっているから。

これまでは信用を元に分割での返済を契約していたわけで、それをこちらが「もう返済できません。債務整理します」と一方的に契約を破った形に。

契約は当然無効になり、貸金業者は残金を一括で返済するよう要求してきます。

自分の債務整理のせいで連帯保証人に迷惑がかかってしまう これを避けるためには弁護士さんに交渉をお願いして、返済可能な分割方式にしてもらいましょう。自分のせいで保証人に大迷惑をかけるのだから、せめて返済しやすい形までは持っていってあげないと。

保証人や弁護士と連絡を取り合い、月々どれぐらいの金額なら無理なく返済していけるかを相談しましょう。

申し訳ないので保証人である友人にお金を少しでも返したいという人も結構いると思います。でもこのへんは微妙な問題で、場合によっては自己破産の免責が不許可になってしまう原因になることも

自己判断で行動するのではなく専門家である弁護士に相談して、どのような方法で友人へお金を返すのが望ましいのか指示を仰ぎましょう。





関連記事

債務整理のデメリットをもっと知る
債務整理でよくある疑問


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ