特定調停とは 任意整理 違い

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

特定調停とは?任意整理との違い

裁判 特定調停とは利息や遅延損害金をカットしてもらう債務整理法。

「なんだ任意整理と一緒じゃん」と思った人もいるんじゃないでしょうか。実はその通りで、借金の軽減効果は任意整理とほぼ同じ。違うのは裁判所が間に入るという点。

言ってみれば特定調停とは、裁判所を通した任意整理なんですね。

弁護士に頼らず自分でやる債務整理法

特定調停では調停委員が間に入ってくれます。貸金業者との交渉もこの人がやってくれます。自分は貸金業者と渡り合う必要なし。

「それなら弁護士や司法書士に頼らなくても自分で出来そう」そう思ってしまいますよね。自分でやれば費用も安く済みようだし。実際、特定調停は弁護士などに頼らず自分でやるのが一般的

自己破産や個人再生に比べたら手続きもそこまで高度じゃありません。さっきも言ったように交渉は裁判所の調停委員がやってくれます。

こうしたことから特定調停は、お金に余裕がなくてなるべく債務整理費用を抑えたい人に利用されることが多いです。

しかし実は特定調停って結構問題を抱えている制度で、失敗に終わるケースや減額効果があまりないケースも多発してます。

弁護士などの専門家に相談せず自力でやってしまうこともその要因のひとつだし、特定調停自体にも制度的な問題が内包されています。このへんは「特定調停のデメリット」で詳しく述べてるので参考にしてください。

特定調停の対象者は任意整理とほぼ一緒

特定調停を利用出来るのは借金返済が苦しい人。このまま行くといずれ支払いが不可能になるだろうなと予測される人。

つまり任意整理の対象者とほぼ同じ。

任意整理と同じように調停対象業者を自分で選択出来ます。「消費者金融のA社とB社だけ調停したい。クレジットカードのC社だけはやめておこう」とか。

調停が成立すると利息と遅延損害金をカットしてもらい、残りを基本的に3年間で返済していくことになります。この返済の見通しが立たないことには業者側も同意してくれないので、無職だとかなり交渉は難航します。

特定調停の流れ

特定調停の流れを知っておくと、どのような制度なのかイメージしやすいでしょう。最低3回ぐらいは裁判所へ出向かないといけません。期間的には全部終わるまで最低でも2ヶ月はかかると考えておきましょう。

申請書類の提出
申請に必要な書類を用意して管轄の裁判所へ出向きます。
調停委員による聴取
申請から1ヶ月後ぐらいに最初の聴取が行われます。裁判所へ出向いて調停委員へ債務状況の説明を行います。本格的な交渉前の事前打ち合わせみたいな位置づけ。
業者との交渉
後日ふたたび出廷。出来上がった調停書を元に調停委員が貸金業者と交渉。借入件数が少ないとか業者がすんなり折れてくれたりとか順調に進めば、状況次第ではここであっさり調停が成立することもあります。
業者からの最終回答
更に出廷。各業者から検討結果を聞き、最終的な調整を行います。最終的な交渉が行われ返済プランが決定されるか、あるいは不成立で終了。


こうして決定された返済プランに従い、基本的に3年で返済を行います。

特定調停の手続きの仕方は次のページ「特定調停のやり方・手続き」で詳しく解説してます。





関連記事

特定調停を行うための知識


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ