債務整理や自己破産 裁判所 服装

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

自己破産などで裁判所へ出廷するときの服装

自己破産で裁判所へ行くときの服装 自己破産の免責審問で裁判所へ行かないといけない。でも服装は?

これ結構悩む人も多いみたいですね。でも答えは「何でもいい」です。

服装ごときで判決が変わるわけではないから。

債務整理で裁判所を訪れる人の場合、普通の外出着で来てる人がほとんど。別にかしこまってスーツを着る必要なんてありません。春先ならニットにチノパンなどでOK。ユニクロのフリースにジーンズでも大丈夫。女性なら普通のワンピースとか。

夏ならポロシャツぐらいが無難でしょう。

茶髪や金髪の人などもそのままで大丈夫。別に髪を黒く染めたりする必要はありません。

裁判所ではスーツ姿の人もたくさん歩いているけど、でもそれは弁護士とか裁判所の職員であることがほとんどです。

やめておいた方がいい服装

服装は何でもいいけど、でもやはり常識というものがあります。常識から大きく逸脱するような格好や、裁判官や管財人の心象を悪くする服装は避けましょう。

どういう服装が不向きかを実例で順番に見ていきます。

ラフすぎる
自己破産で裁判所へ行くときの服装 半ズボンにサンダルなど、近所のコンビニに行くような服装は避けましょう。「反省の色がまったく感じられない」と受け取られかねません。

スニーカーやジーパンなどならOKです。そういう人はたくさんいます。夏なら上はTシャツ1枚でも大丈夫。だたしあまり派手な柄の物はやめておきましょう。

タンクトップは基本的にやめておいた方が無難です。
オシャレすぎる
自己破産で裁判所へ行くときの服装 「デートかよ!」とツッコミたくなるような優雅すぎる服装は、さすがに相応しくないです。

ジャケットにポケットチーフを刺したり、キラキラのラペルピンを刺したり。「パーティーかよ!」

遊び半分みたいに思われてしまわないよう地味めを心がけましょう。
肌を露出しすぎる
自己破産で裁判所へ行くときの服装 女性の服装に関してですが、露出は控えた方がいいでしょう。男にとってはいい目の保養になるけど、でも裁判所の人は真面目な人が多いから反感を買う可能性があります。「何か良からぬことを企んでる」みたいに思われかねないです。

化粧やアクセサリー類も最小限に。

極端な服装は避け、普通を心がければ大丈夫です。イオンモールへ買い物に行くときのような洋服を着ていけば問題ありません。



▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ