借金の時効 援用手続き

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

借金の時効についての正しい知識

時効までの5年間は長い 借金にも時効があることはよく知られた話。元金はもちろん利息や遅延損害金もまとめて消滅します。

しかし間違った情報を信じてる人もかなりいるみたいです。そういう人に限って弁護士を使わず自分で時効の援用手続きをやってしまったり。

破産王子が時効の正しい知識を順番に解説していくから参考にしください。

時効は5年で成立する

時効は5年で成立。これは貸金業者からの借金のことで、友人など個人間の貸し借りは10年で時効。

どの時点から時効を数えるのかという起算日については、その貸金業者へ最後に返済した日、あるいは最後に借入した日のどちらか。つまり最後の取引日ですね。その翌日が起算日となり、カウントがスタートします。

時効の援用手続きをして始めて時効は成立する

起算日からめでたく5年経ったとします。それで自動的に時効が成立するかというと実は違います。ここ勘違いしてる人が多いから注意してください。

期間が満了したあと貸金業者へ時効の援用を通達することで、時効ははじめて成立します

5年経ったからといって何もせずボーッとしてても時効発動とはなりません。「5年経ったので時効を援用します」と相手方に伝えないとダメなんですね。

伝え方自体に決まりはありません。電話など口頭で伝えてもOK。でも証拠を残すという意味で内容証明郵便が推奨です。後々トラブルになったとき援用を行った証拠があると心強いので。

万全を期すなら弁護士に時効成立の確認と援用の手続きを依頼しましょう。4万円ぐらいの費用で引き受けてくれます。

「とくに不都合もないし」ということで時効の援用をせず放置する人もたまにいるけど、そのままではずっと借金を延滞してるという形になり、下手するとずっと延滞ブラックとして信用情報機関に名前が残り続けます

時効援用とブラックリスト

債務整理をするとブラックリストに載ってしまうけど、時効の場合も同じように信用情報機関にその旨が掲載されます。

期間は基本的に5年。

時効の援用手続きを行った日からブラック期間はスタートします。とは言え、その前の期間もずっと延滞してる状態なワケで、そのことは事故情報として信用機関に当然載ってしまっています。

だから実際には時効を援用する以前も延滞ブラックという状態なんです。時効が成立すると、時効ブラックへ変わるだけ。

時効ブラックへ移行後も当然ローンやクレジットカードの審査には通りません。でも債務整理のときと同じように、ブラック期間が終わればまたローンなどは組めるようになります。

時効の落とし穴!期間の中断に注意

借金の時効で一番多いトラブルが期間の中断について。

時効を待つ間に何事も起きなければ、5年で時効は成立します。でも途中で返済の約束などを1度でもしてしまうと、カウントは消滅。また振り出しに戻って1からやり直しに。

こうした中断にあたるの行為は主に次の2つ。

裁判所から督促状が来た
裁判所を通して借金の返済請求があると、時効の期間はまた1からやり直しに。

5年間1度も返済を迫らない業者は請求権を放棄したと見なされます。それで時効というものが成立するワケです。だから途中で請求を起こせば時効までのカウントダウンは消滅してしまうんですね。

請求すればいいだけなので、この手法で時効を遅らせてくる嫌らしい業者は結構います。しかも時効成立直前にやって来る嫌味な業者も多いです。そうなるとまたその日から5年間という長い期間を待たないといけないことに。

唯一の救いは、この請求による時効の消滅は1回限り有効だということ。だから2回目の督促状は中断理由になりません。

そりゃそうです。何度も有効なら何度も督促状を送られて、永久に時効が来ないことになります。それじゃきりがありません。

そういう無駄を失くすため請求による時効中断は1回限り有効という決まりに。しかも裁判所を通した督促のみが有効です。裁判所を通さずただ電話やメールなどで返済を迫っただけでは時効へのカウントダウンは中断されません。
借金返済の意志を示してしまった
変な話だけど時効を成立させるためには、コチラ側は取引を拒否する姿勢を貫かないといけません。つまり「借金は返さない」と言い張らないといけないということ。

もし途中でお金を返すような言動をとってしまうと「契約が確認された」ということになり時効は中断。振り出しに戻ってしまいます。

よくあるのが返済の猶予をお願いする失敗。「今は待ってもらえませんか。そのうち返しますから」などと言ってしまうと、借金返済に同意したことになり、時効のカウントダウンは消滅。

業者側もこのへんは心得たもので、あの手この手で返済意志の表明をさせようとしてきます。

お人好しな人だどつい返済を匂わす口約束なんかしてしまうから注意が必要です。その発言は録音されてますよ!

「今月は2,000円だけでいいので返して下さい」と言われ、それに乗ってしまう人なんかもいます。時効成立は最後の取引日から5年なのに、返済なんてしてしまったらまたカウントがやり直しじゃないですか!

まとめ

5年で時効は成立するけど、業者側の中断工作などもあり、実際にはもっと年月がかかるケースも多いです。

でも自己破産の免責が不許可になり仕方なく時効を狙う場合などでは、業者の妨害が一切ないことも。時効を遅らせたからといって借金を回収できる可能性は低いですからね。

妨害工作が行われるのはやはり「返せるのに時効を狙ってる」と判断されるから。まあでも当然です。お金があるのに時効にしようとしてるのだから。

どのような状況で時効を狙っているかによって妨害工作は全然違うし、時効成立までの期間も違ってきます。





関連記事

時効以外の有力手段


▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ