債務整理でブラック ETC

破産王子の
華麗なる借金返済講座
返せないを解決!

債務整理でブラックになったらETCパーソナルカード

ETCパーソナルカード債務整理をするとブラックリストに載るため、5年~10年はローンの審査に通らなくなるし、クレジットカードも作れません。

クレジットカードにはVISAデビットという便利な代役が存在しますが、ETCにも審査なしの便利な代役が存在します。それがETCパーソナルカードです。

自己破産などをした後はVISAデビットとETCパーソナルカードの2つを駆使してブラック期間を凌いでいくのが、一般的なスタイルとして定着しています。

ETC専用のプリペイドカード

ETCパーソナルカードはETC専用のプリペイドカードです。ETCにしか使えないけど、クレジットカードのような審査はありません。

支払いは銀行口座からの引き落としです。高速道路の利用料金が1ヶ月分まとめて引き落とされます。事前にポイントをチャージしておく必要などはありません。

高速道路を走るならETCがないと不便しかし実はETCパーソナルカードには保証金が必要です。これがETCパーソナルカードの最大の弱点であり、嫌われるポイントでもあります。

申込時に最低4万円ほどの保証金を預けないといけない決まりになっています。支払いが滞ったりETCカードを悪用したときなどの対策として、あらかじめ一定額を担保させておこうという趣旨のお金です。

イメージとしては賃貸マンションの敷金みたいなもの。家賃を滞納したときのために大家があらかじめお金を取っておくみたいな。

そしてマンションの家賃は敷金とは別に用意しないといけないように、ETCパーソナルカードの保証金も高速道路代には使えません。ただ預けておくだけ。高速道路の利用料に充てがうことは出来ません。

とは言え、賃貸の敷金と同じように退去時には全額返還されます。

いずれ戻ってくるお金なのでそれほど神経質になる必要はない制度です。しかし債務整理をしようかと考えている人にとっては、最初に4万円も余計に払わないといけないのは痛いですよね。借金が払えないほど生計が逼迫しているのに。

更に追い打ちを掛けるのが年会費の存在。こちらは1年間で1,234円になります。

そして最後のとどめが申込みの煩わしさ。

ETCパーソナルカードはなぜかネット申込みが不可。申込書に必要事項を記入して郵便で申し込まないといけません。しかも申込書は事務局に電話して取り寄せます。

いまどきこのアナログさは何なのでしょうね。天下りのおじいちゃん達が運営しているのでしょうか。

でもやっぱりETCパーソナルカード

債務整理した後も車は使う保証金を預けておかないといけなかったり申込が面倒だったり、いろいろデメリットもあるETCパーソナルカード。

しかし審査なしでブラックの人もETCを利用出来るのはやはり大きいです。この特大の長所があれば多少の欠点にも目を瞑れますよね?

生活や仕事のために高速道路を頻繁に利用する人なら持っておきたい1枚です。


ETCパーソナルカード公式サイト
http://www.go-etc.jp/detail/card/parsonalcard





関連記事



▲ このページの先頭へ



こんなときの対処法

借金返済の方法

最低限知っておきたい債務整理の基礎知識

債務整理の素朴な疑問とその答え


その他のカテゴリー

自己破産の予備知識 | 特定調停に必要な知識 | 債務整理お役立ち記事




▲ このページの先頭へ